ホーム修復、補修、リメイクした製品19世紀のキルトトップの解体と再構築〜アラウンドザワールド
商品詳細

19世紀のキルトトップの解体と再構築〜アラウンドザワールド

販売価格: 18,000円
[在庫数 ×]
アメリカ、コロラド州から届いた、
1850〜60年代の南北戦争時代のキルトトップです。

インディゴプリントとトルコ赤が大変貴重なものなのですが、
パッチの大きさが均一でないため、引き攣れていて平らになりません。
思い切ってすべて解いて縫い直すことにしました

トルコ赤のプリントが周辺にさりげなく使われていて、
もったいないように思えてしまいました。

縫い方を見ると驚くことばかりでした。
白地や赤地の布でも太い黒糸の2本取り。
こんなジグザグの針目って、なかなかできないと思います・・・

年月が経っているためか、糸が太いせいか、
糸がするりと抜けてくれず、解くのも力のいる作業でした。

解いたピースを洗剤液につけておきます。
酷いシミや汚れは落ちませんが、
全体にくすみがとれてすっきりします。

ピースをすすいだら、一枚ずつ折れ曲がった部分や
クセになっている部分を平らにして、濡れたまま
桶の脇に貼付けていきます。

約2ヶ月半。縫い終わりました。
三角布も途中で足らなくなり(オリジナルのピースは小さ過ぎました)
余っていた正方形のピースを半分に泣く泣く切って使いました

オリジナルの古いキャリコを一枚も無駄にすること無く
縫いつなぎました。
中心部分に少し変化を持たせたことだけが気持デザインです。

平らになりましたのですぐにキルティングできる状態です。
どなたかに次のキルティングをお願いしたいと思っています^^

大きさは約180x180cm
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス